教室紹介 Classroom introduction

教室紹介Blood Purification
(血液浄化治療)

血液浄化治療部門について

 本院の血液浄化治療部は、1987年に腎移植の周術期管理を目的として2床で開設されました。現在は最新の血液浄化システムを備えて10床で稼働しています。血液透析導入症例、急性腎不全症例、慢性維持透析の患者さんが検査・治療目的で当院に入院された場合を治療対象とし、泌尿器科の先生方と一緒に診療に当たっています。糖尿病性腎症に伴う透析導入の増加や透析患者さんの高齢化・合併症など、血液浄化治療部の需要は高まっています。
 また、本院は山陰唯一の日本アフェレシス学会認定施設であり、神経疾患、皮膚科疾患などの自己免疫疾患に対する血漿交換療法、炎症性腸疾患に対する白血球除去療法、ネフローゼ症候群に対するLDL吸着療法、腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)など、幅広い血液浄化療法に対応しています。

文責:伊藤 孝史
血液浄化治療イメージ
血液透析機器
血液浄化治療イメージ
血漿交換療法