教室紹介 Classroom introduction

教授ご挨拶

内科学第四の教授からのご挨拶です。

イメージ
島根大学医学部内科学講座
内科学第四
教授 田邊 一明

 みなさんこんにちは。私たちは「循環器内科」「腎臓内科」の2つの診療科を持つ講座であり、私たちの使命である内科医療、救急医療、地域医療を担う人材を育成に取り組んでいます。

 私が2008年5月に島根大学医学部内科学講座内科学第四に着任したときに「断らない診療」「どこへ出しても恥ずかしくない人材育成」を目標に掲げました。循環器内科では毎朝集合し、入院した症例、重症例や研修医の受け持ち症例を短時間で報告してもらうカンファレンスを続けています。それぞれの臨床経験を活かして議論し、わからないことは一緒に学んでいます。

 私たちは症例から学び、さらには書かれた医学から学びます。沖中重雄先生は東京大学での最終講義で「書かれた医学は過去の医学であり、眼前に悩む患者のなかに明日の医学の教科書の中身がある」と残されました。沖中先生の言葉のごとく、私たちは先人の書かれた医学によって学んでいます。自分たちにも眼前で苦労した症例を形にして伝えていく役割があるはずです。症例報告は、情報としての価値とともに、自らが臨床医としての知識、技術を向上させる上で大事な手法です。そこからさらに臨床研究や基礎研究につながっていくはずです。

 医局とは「安全基地」です。心理学で安全基地とは避難できる場所という意味で、人間のやる気と深くかかわっていると言われています。医局は自分たちのよりどころであり、そこで成長し、鋭気を養い、そして新たな目標に向かっていける場所です。

 私たちは結束と多様性の中、大学・地域が一致団結して総合力のある循環器専門医・腎臓内科専門医、そしてコロナ後の世界で活躍する指導医を育成していきます。

島根大学医学部内科学講座 内科学第四
教授 田邊 一明

教授経歴

1985年3月
島根医科大学医学部卒業
1985年4月
島根医科大学 第四内科入局
1986年8月
益田地域医療センター医師会病院 内科
1987年7月
島根医科大学 第四内科医員
1989年4月
国立循環器病センター 内科心臓部門
1991年7月
島根医科大学 第四内科助手
1997年7月
米国Mayo Clinic留学
Senior Research Fellow, Internal Medicine and Cardiovascular Diseases
2000年1月
神戸市立医療センター中央市民病院 循環器内科医長
2008年5月
島根大学医学部内科学講座内科学第四 教授
循環器内科診療科長
2019年10月
島根大学医学部附属病院 副病院長 兼任